薄毛は工夫次第で改善できる

父親が薄毛だったから、もしかして自分も薄毛になるんじゃないかと子供のころから思い続けてきました。

遺伝で本当に薄毛になるのか、というのはよくわからないんだけど、法事とかで父親の親戚が集まったら、見事なくらい薄毛ばっかり。

これはもう運命かなって感じていたんですよ。

そうしたら、最近鏡時で自分の生え際を見てみたら、何年か前よりも後ろに後退している気がして、頭の中で赤信号が点滅してきたんです。

でも最近、テレビとかで薄毛治療専門の医療機関ってのがあるのを知って、これは一度行ってみようと調べてみたら、自宅の近所にある美容クリニックでも受け付けていると知ったんです。

病気とはちょっと違うので、不思議な気持ちだったけれども、そこの担当医は真面目に僕の悩みを聞いてくれました。それでどんな治療をするのかと思ったら、薬を飲んでいくんだそうです。

薬を飲んだら、薄毛の原因となる物質が生成されないようになるんだそうで、効果が出るまで半年以上は飲み続けなければいけないと言われました。

保険ではなく自費だったから、ちょっと財布にはきつかったけれどもこのまま何も手を打たなくて、禿げてしまうのは嫌です。食事代とか雑誌の購入人かを削ってでも試してみることにしました。

まだ飲み始めたばかりで、目に見える効果は出ていないけれども、今まであった宇案が軽くなったのは、多分治療にはプラスに働くんじゃないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加